医療構造改革のオピニオンリーダーとして
患者と医療従事者とが接する現場の改革 風本流医療構造改革・論議編 風本が主張する医療構造の未来像
風本真吾医師

風本真吾 かぜもと しんご

1963年生まれ。メディカルサロン代表

健康管理指導をテーマとする顧問医師スタイルのプライベートドクターシステムは、諸方面から大きな評価を受け、経営者中心に多くの会員を集めている。
日本の医療をより進歩させるには、全国民の健康、人体、医療に関する知識の向上が必須である、と説き、書籍、会報誌、ホームページ、セミナー、資格制度、診療、栄養素、サロン拠点を通じての健康教育事業に取り組んでいる。

これまでの歩み

平成元年 慶應義塾医学部卒業
平成3年 慶應義塾医学部内科大学院入学
平成4年 四谷メディカルサロン開設。プライベートドクターシステムを創設する。
風本が創業した四谷メディカルサロンに関して
平成5年 大阪メディカルサロン開設
平成6年 健康管理学の研究を本格化させる。そこからの派生医療として、ダイエット指導美肌指導にも力を注ぐ。
平成7年 受講日程を終える。成績はオールAであったが、学位制度に疑問を抱き学位申請せず(本人にとって学位申請の意義がなくなっていた)。
処女作「一億人の新健康管理バイブル」(講談社)上梓
平成9年 名古屋メディカルサロン開設
平成10年 高山メディカルサロン開設
この頃、健康管理学を子供の身体作りに応用させ、「背を伸ばす医療」の体系を築き始める。
平成11年 健康管理学の一環として、エイジングリカバリー医学の研究を始める。プライベートドクターシステムの会員に実施し、多くの実践医療経験を積む。後に、医学界的には、アンチエイジング医学として知られるようになる。
平成12年 お医者さんが考えた朝だけダイエット」(三笠書房)上梓。60万部突破の大ベストセラーに。
平成13年 この頃、インターネット上に、他の医療機関に比類ない「患者、会員の管理システム」を完成させる。地方のサロンの患者、会員の動きが、リアルタイムに手に取るように分かるようになる。
平成14年 NPO法人日本健康教育振興協会設立
平成15年 六本木メディカルサロン設立。この頃、プラセンタ医療成長ホルモン医療ダイエット医療を複合させたエイジングリカバリー医療の原型を完成させる。
平成16年 高山メディカルサロ SPA ANNEX開設。予防医学研究に、遺伝子医学を大きく導入する。この頃、「低身長治療」の体系を完成させる。
平成17年 新橋、心斎橋、赤坂メディカルサロン設立
自分の寿命を管理する本」(東京新聞出版局)上梓。予防医学の集大成として、「予想医学」の概念を打ちたてる。この頃、食生活から生じる体質として、EPA体質、アラキドン酸体質の概念を発表する。
平成18年 広尾、新宿、京都メディカルサロン設立
平成19年 広島、沖縄、福岡メディカルサロン開設
わが子の背をすくすく伸ばすには」(メディカルサロン出版局)上梓。子供の身体作りに乗り出す。
平成20年 四谷メディカルサロン以外すべて譲渡、または閉院
現在 研究活動、健康教育活動、アジア一帯への健康管理学の普及活動