HOME > 著作物 > 養生訓は進歩した

養生訓は進歩した

Dr.風本の健康管理学

60歳を超えたら、健康管理指導に熟達した医師と、自分の身体に関して一度は議論し合う機会を持ちたいものです。今後20年の健康問題、特に寿命管理に関して考察する機会を持つだけで、大きな価値をもたらします。
その機会を持てない場合は本書を熟読してください。 養生訓は進歩した

健康管理とは、
「90歳を超えても、頭脳明晰で、自分の足でどこにでも行けて、痛い・痒いがなく、意欲高く、疲れを知らず、見た目の姿は50歳」
を実現することを目標として取り組む諸行為のこと。

「体調管理」「寿命管理」「容姿管理」を柱に、予想医学、積極的予防医療、EPA体質、第4栄養素など、健康で長生きできるからだのメカニズムと、日常生活の中で実践できる養生の智慧を満載した、進歩した養生訓。
長年にわたり「病気にならずに健康で元気なままで長生きすること」を指導し続け、プライベートドクターシステムを通じて、医療社会に革命的活動を興したDr.風本の渾身の一冊。

「まえがき」から
兵法を修めたものが戦いに勝ちやすいように、本書の内容を修めたものが、健康で長生きを実現しやすくなります。後世に語り継がれる健康管理学の原型を残すために筆をとりました。

朝日新聞出版(2020/09)
単価:¥2,200(税別)

※書籍のみを購入する場合、送料負担が大きくなりますので、できる限り書店でお求めください。
ただし、ある条件を満たす場合は、送料無料でお届けすることがあります。

目次より

  • まえがき
  • 第1章 健康管理学とは
    ・ 健康管理って、どうすること?
    ・ 健康管理に三態あり
    ・ 寿命管理学は予想医学を土台とする
    ・ 60歳から、あと30年生き抜ける確率は
    ・ 死に際の5つのパターン
    ・ 60歳で身体を振り返り、未来の健康を考える
    ・ 健康保険で治療できない病気の解決こそ必要
  • 第2章 寿命管理のエッセンス
    ・ 寿命管理のワイドな視点
    ・ くも膜下出血と大動脈瘤破裂
    ・ 動脈硬化を知る。なぜ、動脈はくびれるのか?
    ・ まずは、脳梗塞を予防せよ。積極的予防医療の活用
    ・ 血糖の真実
    ・ 血圧の真実
    ・ コレステロールの真実
    ・ EPAとアラキドン酸の真実
    ・ ガンと突然変異細胞と免疫力
    ・ 食道ガン・胃ガン・大腸ガン
    ・ 肺炎
  • 第3章 体調管理のエッセンス
    ・ だるい・しんどい・疲れやすい
    ・ 食べたもので下痢をする
    ・ 口内炎、そして口唇ヘルペス、陰部ヘルペス
    ・ 免疫力とアレルギー・花粉症
    ・ 脳を衰えさせない、記憶力を低下させない
    ・ 成長ホルモンで若返る
  • 第4章 食生活からの健康づくり
    ・ 体質は何で決まるのか?
    ・ EPA体質の作り方
    ・ 体重管理は健康管理の基本。まずはベスト体重の設定を
    ・ 食欲の抑制・ダイエットの福音
  • 第5章 医療と戒め
    ・ 放射線被ばく
    ・ 薬の副作用
    ・ 侵襲的なことは避ける
  • 第6章 第4栄養素の時代
    ・ 第4栄養素って何? サプリメントとどう違う?
    ・ 第4栄養素の不足。ビタミンB1で語る
    ・ グルカン
    ・ クロム
    ・ 診察室での第4栄養素
  • あとがき

書籍一覧に戻る