HOME > エッセイ集 > 歴史の回答・・・甲編

月刊メディカルサロン「診断」

歴史の回答・・・甲編掲載日2019年10月2日
月刊メディカルサロン11月号

私は歴史が大好きです。特に、日本史と中国史が好きです。歴史のどこかの一節が小説化されていれば、必ず目を通します。昔の話であればあるほど、文章での記録が乏しく、事実がわかりにくいので、小説に面白みが深まります。小説を読みながら、小説ではこのように描かれているけども、事実関係はこうだったのだろうな、などと考えを巡らせるのは楽しいものです。その楽しみを味わうために、毎晩、読書に耽っています。(もちろん、医学の勉強の傍らですけど)
多くの歴史家が、歴史の各事象に対して、様々なコメントを述べています。中には、「それはないだろう」と思えるものもありますが、ほとんどのものは、「さもありなん」と納得できるものばかりです。
また、歴史上の各人物に対して、さまざまな評価を述べています。この評価に関しては、私は納得できないものが多々あります。英雄を知るのは英雄だけで、コメントを述べている人が英雄というわけではないからです。コメントを述べるのが仕事かもしれませんが、英雄には思えない人が、コメントを述べ過ぎています。
歴史の結果に対して、「なぜ、こうなったのだろうか」「なぜ、こうしたのだろうか」を考えるのも楽しいのですが、それに関して、十分なコメント、あるいは納得できるコメントが述べられていないものが、少なくとも3つあるように、私は思っています。

一つは、「源家の恩」です。源頼朝が旗揚げしたとき、「大恩ある源氏の御曹司の元に関東武士が参集した」「先祖が受けた、源義家公の恩を忘れず、頼朝の元に集まった」などの表現が見られます。この「恩」というものの実態が謎です。
もう一つは、織田信長の「天下布武」の印綬です。尾張、美濃の2か国を制したときに、信長は、「天下布武」の印綬を使いだしています。この「天下布武」の真意が謎です。
そして、もう一つは、本能寺の変です。私がもし明智光秀なら、「信長を殺すしかない、と思うのは、この場合に限る。共倒れ、あるいは、自滅も覚悟の上だ」と思いつくものが、たった一つだけあります。それが歴史コメントとして、誰にも述べられていません。
この3つを、甲編、乙編、丙編として、3回にわたって述べてみたいと思います。

封建制度に関して、主君と家臣は「御恩と奉公」の関係で結ばれている、などと表現されます。鎌倉幕府の開設以後は、
「主君が、家臣に土地の権利を与えて、その土地の所有権を保証する。そして、その家臣は、その土地からの収穫を得る。その代わり、主君の命令には従うようにする。主君の命令に逆らうと、手討ちになったり、軍勢を差し向けられて討ち滅ぼされたりするのもやむを得ない」
という説明で、「御恩と奉公」は、すっきりします。
しかし、鎌倉幕府開設以前の「源家の恩」というのがよくわかりにくいのです。誰が何をした結果、「恩を与えられた」になったのでしょうか?
当時の話の経緯を整理すると、頼朝の旗揚げより100年ほど前に、関東地方にやってきたのは、源頼義と義家の親子です。朝廷が派遣した軍勢の総大将で、前9年の役のときは頼義が主体者、後3年の役のときは義家が主体者です。この「後三年の役」の際に、関東の武士は、義家公から恩を受けたことになっています。何を恩としたのでしょうか?
後三年の役の結果、東北地方の支配者となったのは藤原清衡です。後に三代の栄華を極めた、と言われていますが、その藤原氏が源義家の恩を受けた、と言えば、誰もが納得できます。しかし、この藤原氏は源頼朝の旗揚げに駆け付けていません。
関東一帯の武士は、後三年の役に駆り出されましたが、新しい土地である東北地方は藤原清衡のものになったのですから、褒美として土地などはもらえていません。
荘園整理などに義家が仲裁して関与したとしても、土地が増えるわけではなく、また、仲裁することには、双方に泣いてもらうのが常で、恨みの方も残り、「100年後にまで伝わる恩を受けた」と表現するには無理があります。

いったい、この時代の恩とは何なのでしょうか?
「一宿一飯の恩義」と同程度のもので、義家公から、飲食などをおごってもらっただけのことなのでしょうか?子孫に100年後にも語り継がれている恩ですので、ちょっとその考え方には無理があるように思います。
「命を救ってもらった」のなら、恩になるかもしれませんが、「救う」というより、関東武士は、危険な現場に駆り出されています。
「あ、もしかして子種のことかもしれない」と思い浮かびました。
地元豪族の娘に、源義家が子供を授けたのなら、その子供は、その豪族の後を継ぎ、源氏一門(血筋的に天皇家とつながる)となり、地元の他者に抑えが効き、一族繁栄の元とすることができます。「そうか、子種をもらったことが、恩を受けた、ということになるのか・・・」と、一瞬思ってみましたが、考えてみると、義家の血を受けた足利氏、新田氏、あるいは義家の弟の源義光の子種による甲斐武田氏は、源頼朝の旗揚げに際して、参集することなく、独立勢力を保っていました。子種は恩になるどころか、対抗勢力になっていたようです。

100年前に先祖が受けた恩。100年たっても語り継がれている恩。じっと考えつづけましたが、2つしか思い浮かびませんでした。
一つは武芸の教授です。武士は武器をもって命がけで戦います。一騎打ちが主流の当時ですから、腕力だけでなく、刀、槍、弓を扱う技術がものをいいます。「我が家に伝わる秘伝のこの技は、義家公から教わったものである」が、子孫に語り継がれているなら、それは恩になりえます。
もう一つは、武器や鎧のプレゼントです。武器や鎧には鋳造技術が必要で、当時は、貴重品であったのは間違いありません。武士の任務遂行の貴重な道具です。「我が家に伝わるこの鎧は、義家公より賜ったものである」が、子孫に語り継がれているなら、それは恩になりえます。そういえば、後三年の役では、朝廷が褒美を出さなかったので、義家が私財をなげうって、地元の武士に報いた、という記録があります。投げうった私財とは、源氏の嫡流に伝わる名刀、名槍、強弓、精巧な鎧のことかもしれません。
私はその二つしか思い浮かびませんでした。読者の皆さん、他に思い浮かぶものはないですか?

上記の話を現代にあてはめると、「飲食で奢ってあげた」「出世するように引き立ててあげた」などは、相手のためではなく、自分のためであり、恩にはならない。仕事するための道具をプレゼントしたり、仕事の技術や知恵を丁寧に教えてあげたりすることが、「恩を与えた」ということになるのかもしれません。そういえば、「恩師」という表現がありますが、何かを教えてくれた相手に用います。「教えてくれる」と言っても、書物から学んだことで、その著者に恩を感じることはありません。手取り足取り、教わる何かが恩になるのです。

相手が任務遂行の上で、今、必要とされる直接的に役立つ技術や道具を与えてあげる。それこそが恩の始まりかな、と感じるに至っています。

エッセイ一覧に戻る